boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

魔弾の本と西澤コンテ

魔弾の王と戦姫』のことを書く。

アニメ放送終了後に作られた、今や恒例(じつはかなり昔からある)のスタッフ本には声優やアニメーターのイラストなどが掲載されている。アニメーター個人の絵柄を確認したり、人柄の滲むコメントに目を光らせる場だ。この本の目玉は作監座談会。キャラクターデザイン・総作監を務めた椛島洋介が中心となり、各話の好アクションや芝居を振り返っている中で突然、西澤晋さんの話題が飛び出して驚いた。

 第6話のコンテは、自分の師匠の西澤晋さんなんですが、師はド変態クリエイターなんですよ。ソフィーが裸で走ってくるシーンは、なぜかカットラストでバストトップに寄るような内容だったんですよ(笑)。そんなの、放送できないじゃないですか。

ファンには分かるスタジオZ5の匂い。リアルな人物デッサン・望遠の鬼である西澤さんらしい話だが、こう言われると血が騒ぎ、コンテを見たくなる。そこでタイミング良くオークションに出ていたものを落札し、件のシーンを見てみると……見慣れぬ演出参考が書いてあった。

f:id:tatsu2:20171129161842p:plain

カメラポジションと画角、バストの上下動を利用してトップを避ける一例と記された注意書き。つまり、不自然な光を使わず裸体を描こうとする演出家の知恵。実際は髪の毛で隠すやり方が採られていたが、工夫次第でいかようにも出来るという貴重な参考例だ。

f:id:tatsu2:20171130075918g:plain

ただバストトップを描くかどうかはともかく、「お約束」に拠らずリアル志向を突き詰めるなら、そう突飛な話でもないと思った(挑戦的ではある)。ちなみにスタッフ本に寄稿した西澤さんのイラストは「サルでも描ける馬の走り講座」。本作は馬術アクションという役職を設けて馬の走りに力を入れていたが、だれでも描けるようになれと発奮を促しているかもしれない。教育的でベテランの風格溢れる紙面だった。

 

魔弾の王と戦姫 スタッフ本 『魔弾の本』

魔弾の王と戦姫 スタッフ本 『魔弾の本』