boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

『妖獣都市』Scene2 滑走路 Cut63

川尻善昭監督作品『妖獣都市』のBlu-ray BOX発売決定のニュースに合わせて、思い出語り。

『妖獣都市』を初めて劇場で観たのは、池袋の新文芸坐で定期的に行われているアニメスタイルのオールナイトだった。『妖獣都市』はビデオプロジェクタによる上映だったようだが、それでも自宅で観るのとは比較にならない圧倒的な臨場感があった。

とりわけ、戦慄を覚えるほど美しかったのが、ジュゼッペ・マイヤートを迎えに空港へ向かった滝が魔界の過激派に襲われ窮地に立たされる中、麻紀絵が左手の爪を一閃するカットだ。これは映画の予告編やポスターにも使われている有名なカットで、公開されている絵コンテに合わせて言えばPART-1「Scene2 滑走路 Cut63」の場面。コンテにはBLベタで「赤トーカ光一閃する」「トーカ光のまわり明るくなって眼F.I」とあり、撮影を加味した演出を初めから指定していたことが伺える。

f:id:tatsu2:20181011145718p:plain

闇夜を切り裂く軌跡に覗く、ゾッとするほど美しい切れ長の瞳。これが川尻善昭だ、と本能に訴える官能的で暴力的な気配に満ちた赤の一閃。全身を走り抜けたあの一瞬の興奮、おののきは今でも忘れられない。そこで川尻作品の真骨頂は、濃縮された「動」の中に込められた情念、激情なのだと悟った。そしてこれは、何者かが蠢いていると思わせる不穏な黒塗りの夜とスクリーンの暗闇が同調して初めて成せる美技なのだろう、とも。まさに「劇場で観る川尻善昭」の一閃を受けたわけだ。

f:id:tatsu2:20181011154522p:plain

後にDVDや「PLUS MADHOUSE2 川尻善昭」に収録されている同カットの原画、レイアウトを見ると(上記はDVD特典の絵コンテ)、そこにはBLで隠されていた麻紀絵の表情が描かれており、凛々しく結ばれた赤い唇からわずかに漏れる色気によって、冷徹な魔界の住人の顔と艶かしさが共存する画になっていた。それを黒いマスクで覆って見えなくしてしまう、だからこそ美貌への期待と想像が膨らみ、「赤」が鮮烈な印象となって残り続ける。

あの衝撃に近いものが、はたしてまた味わえるだろうか。Blu-ray BOXを開くのが少し怖くて、楽しみだ。


妖獣都市 予告