boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

演出メモ①

5/23放送『アイカツフレンズ!』58話、6/2放送『キラッとプリ☆チャン』60話と短いスパンで絵コンテ・演出/大島克也の回が目を引いたのでメモ。

アニメ@wikiでざっとクレジットを読むかぎり、サンライズ制作出身の若手だろうか。まだ演出家としてのキャリアは浅いようだけれど、放送された話数はどちらも勢いがあり、見た目に楽しいアイディアが目白押し。

f:id:tatsu2:20190606165214g:plain

例えば天翔ひびきがソルベット王国に入国できず、衛兵と言い争いになる場面。ひびきの後ろからラブリーフレンズ(秘書)が駆けつけて衛兵と対峙、遅れてピュアパレットの二人がスライドイン。剣呑な雰囲気がこのスライドによって和らいでいるし、画面中央からQTBしたのに、その中央へ再び視線を誘導するというのもギャグチック。シャルルへ向けた次のPANへの繋ぎにも一役買っている。

フレームインのアイディアは随所に見られ、

f:id:tatsu2:20190606173731g:plain

キラッとプリ☆チャン』ではワイプにPANを合わせ、逆方向からキャラクターが入ってくる。場面転換+方向転換の合わせ技で「ここで何かが変わる」伏線的なカメラワークになっている。

また共通して見られたのは、カメラに寄って敢えてフレームを狭く使ったおしくらまんじゅうのようなカットや萌黄えものツインテールオバケ、ピュアパレットのはしゃぎすぎた雪遊びなど、ちょっとした笑いを誘う動き・表情。遊び心のある奥行き、空間設計も独創的。

f:id:tatsu2:20190606180048p:plain

f:id:tatsu2:20190606180656p:plain

同大島演出回の『アイカツフレンズ!』43話にも目を向けると、天に向かって拳を突き上げるカメラ対空ショットもあるけれど、こちらは所謂ウルトラマンの変身バンクパロディに近いかもしれない。

f:id:tatsu2:20190606181539p:plain

いずれにせよ、フィルムに対するテンションの高さは目覚ましく、チャレンジ精神溢れる演出は次も観たいと思わせるものばかり。今後の活躍が楽しみな演出家がまたひとり。

 

キラッとプリ☆チャン♪ソングコレクション~2ndチャンネル~ DX

キラッとプリ☆チャン♪ソングコレクション~2ndチャンネル~ DX