boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

『らんま1/2』再見 傑作エピソードメモ(前半戦)

機会あれば一から、と思っていた『らんま1/2』を観返していた。『らんま1/2』は高橋留美子の同名マンガを原作にしたTVアニメで、第1期と『熱闘編』を合わせると全161話に及ぶ長期シリーズだ。早乙女乱馬と許嫁である天道家の三女・天道あかねを中心とした原…

演出メモ/J.C.STAFF夏の3本

ここのところ、J.C.STAFF制作のTVアニメで佳作と呼べる回が続いている。『食戟のソーマ 豪ノ皿』5話「コンビニの戦い」、『とある科学の超電磁砲T』18話「巨乳御手(バストアッパー)」、『ミュークルドリーミー』16話「私はやっぱりチアっちゃお!」だ。 そ…

『波よ聞いてくれ』12話の信頼とアドリブ

俺、映画でもアニメでも、原作に忠実であるべきだとは決して思わないんですよ。その道のプロが最善と考える見せ方をしていただければOKで。 これは「アフタヌーン」2020年2月号の誌面対談で南川達馬監督に原作の沙村広明が語っていた言葉だ。形式上、多少の…

演出メモ/『空の青さを知る人よ』

『空の青さを知る人よ』は秩父三部作の集大成と謳われているが、「超平和バスターズ」作品としても、完結編的な映画だと思う。演出にしろ作劇にしろ、語り口に迷ってしまうほど密度があり、一つ一つに込められた意味が重い。言ってしまえば、「だれから/ど…

アクアの輪っかと金崎演出

『この素晴らしい世界に祝福を!』は何度観ても笑って騒いでたまにしんみりして、心の底からスカッとした気持ちにさせてくれるアニメだ。今回はそんな『このすば』に登場する水の女神・アクアの「輪っか」について書いてみようと思う。 アクアの髪型はかなり…

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』絵コンテ集と愛嬌

先日、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 –永遠と自動手記人形-』のBlu-ray/DVDが発売された。パッケージの詳細が発表されたとき、気になっていたのが「監督厳選 解説付き絵コンテ集46P」の一文。あの自身の演出について自覚的かつ自省的な*1藤田春香…

『リズと青い鳥』の下校シーンとシンクロ

凛とした朝の空気の中、軽快な足音が響く。鎧塚みぞれはその音を聞いて、傘木希美の気配を察する。校門から聞こえてくる足音は、物語の始まりを告げる音だ。そして校門につづく階段を降りる足音、これはふたりの少女が鳥籠から出ていく音。『リズと青い鳥』…

演出メモ/『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』12話

畠山守作品お馴染みの影中処理は『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』でも頻出する演出だ。とくに第12話Aパート「花火の音は聞こえない 後編」の階段下で人知れず泣くかぐやのカットは凄まじい。 表情の変化過程や腕を顔にこすりつけるニュアン…

「アニゲー☆イレブン」あおきえい出演回の新房格言

BS11「アニゲー☆イレブン!」3月6日放送回に『ID: INVADED イド:インヴェイデッド』のあおきえい監督、キャラクターデザイン・総作画監督を務める碇谷敦の両名がゲスト出演。 あおき監督による絵コンテの極意を説明する(実現可能であるか/面白いか、面白…

『秒速5センチメートル』の明滅と点滅

1995年3月4日、大雪の降りしきる中、遠野貴樹は離ればなれになった篠原明里に会い行った。これは『秒速5センチメートル』第1話「桜花抄」の出来事だ。映画の公開が2007年3月3日だから、いま振り返れば作中の時間経過より長い月日が流れたことになる。 そんな…

演出メモ/『22/7』7話 絵コンテ・演出/森大貴

性質的にTVアニメは予期せぬ出会いが起こりやすい。 『22/7』(ナナブンノニジュウニ)第7話「ハッピー☆ジェット☆コースター」は集団食中毒という突発的でエキセントリックな導入から、まさしく予期せぬ物語になった好例だ。主役は一人食中毒を免れた戸田ジュ…

演出メモ/『推しが武道館いってくれたら死ぬ』6話

『推し武道』は岡山アニメだ。桃太郎像や岡山城など、岡山の名所や観光スポットが度々出てくる。だから、同じ岡山を舞台にしたTVアニメ『バッテリー』('16)の望月智充監督が参加すると聞いて、不思議な縁があるなあと思った。 第6話「ぼくの全てが君だった」…

中野英明虎王伝説・総集編

2010年代中盤、格闘小説『餓狼伝』に登場する竹宮流の秘奥「虎王」が、何故だか(一部の)アニメを賑わせていた。仕掛け人は板垣恵介版・マンガ『餓狼伝』を愛読していたであろう演出家、中野英明。 以前、中野英明回で虎王が使用されるたびに記事を書いてい…

『放課後さいころ倶楽部』のピアスキャッチ描写

TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』は実在する数多くのアナログゲームが登場する作品だ。各話で違うゲームが登場し、デフォルメキャラによってルール説明が行われること、主人公の武笠美姫が京都弁を喋ることなど、パッと目に留まる特徴がいくつも用意されて…

話数単位で選ぶ、2019年TVアニメ10選

年の瀬が近づくと始まる企画、今年放送されたTVアニメの中からエピソード単位で10本選ぶ、「話数単位で選ぶ、TVアニメ10選」。 以下、コメント付きでリストアップ。 ■『風が強く吹いている』 第23話「それは風の中に」 脚本/喜安浩平 絵コンテ・演出/野村…

演出メモ/『天華百剣 〜めいじ館へようこそ!〜』8話

『天華百剣 〜めいじ館へようこそ!〜』はショートアニメの特性を生かし、一風変わった趣向で攻めてくる作品だ。 演出的にメモしておきたいのは第8話(絵コンテ/藤田健太郎、演出/球野たかひろ)。この回は本編がほぼ4つのポジション(4アングル)だけで構…

『さすがの猿飛』28話の回し蹴りメモ

「NHK NEWS WEB 京アニ・つなぐ思い」のページに11月25日付けで「子どもに夢を ~“天才アニメーター” の素顔~」という記事が掲載された。これはアニメーター・木上益治の軌跡を辿る貴重な証言集。その中であにまる屋時代の同僚・奈須川充さんが『さすがの猿…

『ちはやふる3』の汗と浅香守生

6年ぶりのTVシリーズ第3期、『ちはやふる3』を観て思うことは、ひたすら純粋に「面白い」だ。競技かるたに懸ける情熱も、青春群像劇の中で絡み合う恋模様も、ずっと観ていたくなる。原作の勘所をつかまえる抜かりなさ、緊張感を孕みつつ、テンポ良く進める手…

『バビロン』2話の演出について

平衡感覚という言葉がある。比喩的にも使われるが、からだのバランスを敏感に察知し、それを保つ感覚のことだ。であるならば、野崎まどの同名小説をTVアニメ化した『バビロン』第2話に登場する平松絵見子こと「曲世愛」(まがせ あい)は、人の平衡感覚を失…

木上益治とプロレス

詳しい素性はわからない。けれど、非の打ち所がないその実力はファンならだれでも知っている――それが木上益治という人だった。 監督を務めた『MUNTO』シリーズのDVD特典でオーディオコメンタリーに出演したり、メイキング映像に顔出しをしている以外、ほとん…

演出メモ/『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』のフトモモ

『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』放送終了後のあるツイートに関してのメモ。 私が担当した回の、えい君の絵コンテに、フトモモをエロく、、と2回も書いてあったのはナイショ、、1回目はライネス2回目は化野 — 合田浩章 (@warder…

『ソウナンですか?』エンディングと渋谷亮介

無人島に漂着した女子高生4人のサバイバル。TVアニメ『ソウナンですか?』は悲観的な状況に置かれていながら、父親仕込みのサバイバル術を持つ鬼島ほまれを中心に、マニアックな描写を挟みつつ、女子高生らしくお喋りの尽きない無人島生活を送る一風変わった…

感想/『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』

ヴァイオレット・エヴァーガーデン。考えてみると、これは潔いタイトルだ。名は体を表すという言葉があるが、本作に関して言えばTVシリーズの頃から、名前に物語が宿っている。名を呼ぶことが、ドラマなのだ。 イザベラ・ヨークことエイミー・バートレットと…

演出メモ/『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』6話

『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』第6話は恒例のあおきえい絵コンテ回。偶然なのか狙っているのか、TROYCAの加藤誠監督作品(『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』『やがて君になる』)にあおきえいがコンテ参加するときは…

東京、選択、反射――『天気の子』感想

新海誠最新作『天気の子』は身も蓋もなく言えば、「東京」の映画だ。「東京」と「新海誠」の関係は過去の作品群を振り返っても明らか。時に憧憬として、時に焦燥として、そして交差する場所として扱われている。もしかしたら、新海誠という人を映す鏡のよう…

『ミラクル☆ガールズ』再見 「曇りのちみかげ」

先週、出先でたまたま入ったハードオフに大量のアニメVHSが並んでいた。保存状態はまちまちだったが、'80年代OVAを中心にマニアックなタイトルがズラリ。その中に長年探していた*1『ミラクル☆ガールズ』があった。 1993年に放送された『ミラクル☆ガールズ』…

『どんぐりの家』と安濃高志

アニメーション映画『どんぐりの家』を久しぶりに観た。以前に観たのは何かの上映会だったはずで、もう20年近く鑑賞する機会がなかったのだけど、安濃高志監督の演出について確認したいことがあって視聴。細部まで観直すことができた。 『どんぐりの家』は山…

新海誠が描いてきた雨――『天気の子』公開に寄せて

新海誠監督の最新作『天気の子』の公開がいよいよ目前まで迫っている。 予告編を見ても明らかなように『天気の子』のテーマに「雨」が深く関係しているのは間違いない。連日降り続く雨と“100%の晴れ女”というキーワード、それが世界をどんな風に動かしていく…

『シティーハンター2』17話の2人原画と一肌

『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』が封切りされた頃に書こうと思っていた『シティーハンター2』17話についてのエントリ。 それは以前、西村誠芳さんがこんなツイートをしていたことが発端だ。 @mutaguti2 自分からバラすけど、シティ…

演出メモ/『アイカツフレンズ!』58話、『キラッとプリ☆チャン』60話

5/23放送『アイカツフレンズ!』58話、6/2放送『キラッとプリ☆チャン』60話と短いスパンで絵コンテ・演出/大島克也の回が目を引いたのでメモ。 アニメ@wikiで纏められたクレジットを読むかぎり、サンライズ制作出身の若手だろうか。演出家に転向してからま…