boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

『小林さんちのメイドラゴンS』初回演出メモ(オマケもあります)

京都アニメーションがTVアニメの世界へ帰ってきた。シリーズ第2期となる『小林さんちのメイドラゴンS』は監督を石原立也に引き継いでの再スタート。「シリーズ監督」にクレジットされた第1期監督・武本康弘との違いはもちろん、美術/色彩/撮影の各監督が変わったことによるビジュアルやルックの変化にも注目していたが、まず目に飛び込んできたのは、「石原印」の黒板(黒背景)+手描き風タイトル。

f:id:tatsu2:20210709042012p:plain

f:id:tatsu2:20210709042025p:plain

f:id:tatsu2:20210709042035p:plain

「だって 私は、」の書き文字→満面の笑みで迎えてくれるトール→タイトル。キャラクターを挟むのは初のパターンだが、石原監督の第1話では定番の演出だ。

f:id:tatsu2:20210709041736p:plain

f:id:tatsu2:20210709042519p:plain

f:id:tatsu2:20210709042532p:plain

中二病』を除いて英語にしてあるところが洒落っ気だが、黒背景+タイトルの英語訳自体は『涼宮ハルヒの憂鬱』の頃からを用いられている。

f:id:tatsu2:20210709043433p:plain

f:id:tatsu2:20210709044555p:plain

タイトル以外で黒背景が使われる場合もあり、『けいおん!』第1期12話ラストの「おしまい」*1や『映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』の葛藤パートが一例だ。手描きの味を抽出する手法が好きなのかもしれない。そして、アバンが終わって飛び出すオープニングはまたまた石原流。

f:id:tatsu2:20210708200937p:plain

f:id:tatsu2:20210708200948p:plain

f:id:tatsu2:20210708200959p:plain

人物の瞳やプロップのある一点へカメラが寄っていったまま繋ぎ続けるトランジションは『日常』オープニングのそれと同じ。セルフオマージュを挙げるなら、画面分割も過去作のオープニングでお馴染み。

f:id:tatsu2:20210708203634p:plain

f:id:tatsu2:20210708203837p:plain

第2期オープニングは石原監督の“癖”が見えやすいがゆえに、逆に第1期のおかしみある(大いにネジを緩めた)方向性は武本康弘のセンスだったのだなあと改めて思わされる。ベースは近くとも、映像の完成図がまるで異なるバリエーション豊かな演出陣。それが京都アニメーションの強みだ。

f:id:tatsu2:20210708204850p:plain

オープニング明け、本編Aパートは主に原作47話「トールとメイド喫茶」のアニメ化。ほぼ原作に沿った展開だが、スタジオの力を感じられるのはやはり、(原作)コマの補完にインサートされる自然な日常芝居の巧さ。

f:id:tatsu2:20210708214256g:plain

例えばメイド喫茶の席で収まりのいい位置に動くカンナ。床に足のつかない小さな子どもが、上半身だけで席の中ほどに移動しようとする芝居をコンテで指定する意図――おそらく、メイド喫茶・ドラゴンという非日常的なモチーフが闊歩する所に"地に足の着いた"実在感を与えるためだろう。このカンナの動きひとつでファンタジーが日常に近寄ってくる。何気ない芝居による「小さなリアリティ」の追求はお家芸だ。

f:id:tatsu2:20210708222251p:plain

こちらはコック長・トールの中二病風な決めポーズ。ダイナミックで変わったポージングを好む石原立也だが、存外に「肉弾戦」も得意という人であることが思い起こされるのは、移って後半*2のトール対イルル。

f:id:tatsu2:20210708224413p:plain

f:id:tatsu2:20210708224546p:plain

エフェクト満載の作画/撮影的高カロリーな格闘戦は、『中二病でも恋がしたい!戀』オープニングや『ファントム・ワールド』1話でも拝むことができる。アニメーターの高い練度を伺わせるアクションパートだが、クオリティを保持したまま抑える所は抑え、使うときには存分に使うフィルムのコントロールも通底したスタジオの思想だろう(その代表が北之原孝将を加えたベテラン陣)。

個人的にアイディアを感じたのは、トールの部分変化させた大翼シールド(原作では腕)、イルルを撃退したブレス後の放熱/排気、都市上空であると伝える背景美術だ。

f:id:tatsu2:20210709182326p:plain

f:id:tatsu2:20210709182337p:plain

トールは魔法を使うドラゴンでありながら、メカっぽさも備えている。そこへ街に被害を与えないように戦うアングルまで加われば、否応なしに頭をもたげてくる「東京上空」*3という言葉。途中で我を忘れそうになる場面など、一歩間違えれば「ハイパー・ジェリル」だ。「異世界」の先駆者である『ダンバイン』を補助線に引ける、これはアニメの手柄といってもいいのではないかと思う。

そして、本作の核であろう異種族間の価値観を問う、小林さんとイルルの終電会話劇。このシーンは舞台である車内の風景をメタファーとしたやり取り、とくにつり革が有効に機能している。

f:id:tatsu2:20210708232555p:plain

f:id:tatsu2:20210708235001p:plain

終電に乗ってすぐに時間ジャンプ、次に揺れるつり革、イルルと小林さんが並んで座った*4図という叙述によって始まるが、つり革を掴んで立っている者は一人もおらず「空」だ。しかしこのつり革は揺れるイルルの心を表象すると共に、その数だけ存在する他者の価値観だという風にも読める。さらに本来つり革が「支持具」であるとすれば、何をもって人は自分を支えているのか、その考え方をイルル自身に質しているとも言えるかもしれない。セリフに合わせた映り込み、窓枠による分断も心象のメタファーとして働き、中でもリアル度合いを変化させた小林さんのアップは異質かつ多角的。

f:id:tatsu2:20210708235302g:plain

「私、そういう人間」とありのままの自分を吐露するカットでディフォルメをリアルに寄せるのは、それだけ深く本心で語っているからだろう。瞬きもせず、目の前を通り過ぎる地下照明も気にしない。返ってそれが諦観でもなく、希望だけを見つめているわけでもない、小林さんの在り方を象徴しているよう。京都アニメーションらしい、階層の深いクローズアップだ。

オマケとして。イルルと小林さんの対峙レイアウトでも使われた京アニ「止まれ」集*5(文字通りの意味合いもあれば、逆に「止まれない」感情へ重ねたり)。

f:id:tatsu2:20210709003212p:plain

f:id:tatsu2:20210709003632p:plain

f:id:tatsu2:20210709003645p:plain

f:id:tatsu2:20210709003657p:plain

f:id:tatsu2:20210709015506p:plain

f:id:tatsu2:20210709015518p:plain

f:id:tatsu2:20210709015531p:plain

 

*1:絵コンテ/石原立也山田尚子(共同)、この落書き感は山田監督風?

*2:Bパートは原作31話「トールとイルル」、36話「イルルと小林さん」を合わせたエピソード。

*3:聖戦士ダンバイン』16話。17-18話を含めた「東京上空3部作」として知られ、オーラバトラーが地上界に出現し戦闘になるという非情なまでの現実味が特徴。

*4:人目を気にせず胡坐をかくイルルは、むしろ自宅の小林さんっぽい。第1期8話参照。

*5:上から『涼宮ハルヒの憂鬱』2009年版OP/ED、「エンドレスエイトⅢ」、『氷菓』22話、『響け!ユーフォニアム』12話、『聲の形』。

『映画大好きポンポさん』一口感想 ~バリウタより愛を込めて~

「世界に認められた才能」に「認められなかった才能」――平尾隆之監督の口癖だというこのフレーズは、平尾・荒木のマッドハウス同期である齋藤優一郎プロデューサー*1月刊アニメージュ連載コラム「バリウタの愛を知りたい!!」で語った言葉だ。「世界に認められた才能」とは御存知、今 敏監督のこと。平尾監督は『千年女優』の制作進行として関わり、多大な影響を受けた。

さて、前置きはこれくらいにして、『映画大好きポンポさん』のいちばん気に入っている場面を語りたい。それはズバリ、「電話が鳴ると同時に受話器を取るポンポさん」だ。

理由を細かく話せば長~いのだけど、一口で言うと「バリウタ」恒例の進行時代を振り返るトークの中に「鳴った電話を瞬間的に取る制作進行の速度勝負」という、承太郎とDIOによる突きの速さ比べのようなエピソードがある。つまり、バリウタファンにとっては「これがマッド黄金期の制作が電話を取るスピード……!」と映ったわけであり、監督自身の経験が作品に映り込んでいる、とも言えるわけだ。

ある意味では、平尾隆之版『パプリカ』なんて見方もできるかもしれない。空間と時間の編集、技術的構造的な部分から垣間見える今監督への尊敬、感謝の念。試写室を出るポンポさんの振り返る表情と重なる監督の顔――など思うところは沢山あれど、お願い事はひとつだ。

アニメージュ編集部殿、「バリウタの愛を知りたい!!」の書籍化を、どうかよろしくお願いいたします(あと一年分くらい溜まればいけるか?)。


www.youtube.com

*1:現「スタジオ地図代表取締役プロデューサー。

古畑か、コロンボか 週雑010

「再放送で観たドラマ」というジャンルの「海外編」があれば、『刑事コロンボ』はそのランキング上位に挙がる筆頭だろう。かくいう自分も再放送でコロンボワールドに引きずり込まれたひとりだが、きっかけとなったのは三谷幸喜脚本の『古畑任三郎』だ。「倒叙」を巧みに生かしたドラマの構成、ほんの少しでも疑いを抱いたらねちっこく執拗に付きまとう刑事のキャラクター性など、何故古畑が「和製コロンボ」と呼ばれているのか、"本家"の鑑賞を経て深く納得したことをよく覚えている。

いま現在も『コロンボ』の再放送*1は続いているが、今回は放送前に「刑事コロンボ 完全捜査ファイル」という特番があった。作品の魅力を様々な視点で紹介する入門編でありながら、コロンボの像が立つハンガリーブダペストやドイツのミステリ聖地・クリミナルハウスにカメラを向けたり、コロンボファンの有名人が思い出を披露するパートがあったりと中々侮れない内容で、ファンのひとりとして登場した三谷幸喜もカセットテープで録音したセリフを繰り返し聞いた話、また自身のベストだという「祝砲の挽歌」を存分に語っている。

このファンによる「ベストエピソード選考」は両作に共通する性質だ。基本的に一話完結である作りと各話の味付け、犯人役の個性が「ベスト」を語らせたくなるのかもしれない(加えてコロンボは演出にも多大な見どころがある*2)。仮に自分がベスト候補を今の気分で挙げるとしたら下記の通り。

刑事コロンボ

第4話「指輪の爪あと」(ゲストスター/ロバート・カルプ)

第15話「溶ける糸」(ゲストスター/レナード・ニモイ

第32話「忘れられたスター」(ゲストスター/ジャネット・リー

第41話「死者のメッセージ」(ゲストスター/ルース・ゴードン)

第51話「だまされたコロンボ」(ゲストスター/イアン・ブキャナン)

 

古畑任三郎

第8回「殺人特急」(犯人役/鹿賀丈史

第11回「さよなら、DJ」(犯人役/桃井かおり

第20回「動機の鑑定」(犯人役/澤村藤十郎

第22回「間違われた男」(犯人役/風間杜夫

第32回「再会」(犯人役/津川雅彦

スペシャルはどれもいいが、"二枚腰"の「今、甦る死」(犯人役/藤原竜也石坂浩二)の完成度が頭抜けている。

ちなみに両作を比較しながら楽しむマニアックな見方として、「三谷幸喜コロンボリスペクト探し」もある。その具体例が先月放送された『刑事コロンボ』第56話「殺人講義」だ。これは大学を舞台とした遠隔操作による殺人で、身勝手きわまる犯人へ向けた同情の余地は一切ないのだが、おそらくこのエピソードの要素を抽出し、翻案したものが木村拓哉vs古畑の有名な観覧車爆弾事件、『古畑任三郎』第17回「赤か、青か」だろう。最大のポイントはラストシーン、珍しく激昂するコロンボを「唯一犯人に手を上げた古畑」と置き換え、脚色していることだ。つまり舞台や人物相関、トリックを参考にするだけでなく、刑事の感情的な部分にまで敬意を払いドラマを作っているのだなと分かる。三谷のコロンボ愛を感じられる瞬間だ。

締め括りにトリビア(?)をひとつ。かの押井守監督も意外とコロンボを観ている様子で、コロンボの愛犬(バセット・ハウンド)は登場するたびに違う犬だという指摘を自著で行っている*3。正直言って何度見ても全く区別が付かないのだけど、世界のバセットマスター・押井が言うなら……と頷いている次第。ホントかな?

  

刑事コロンボ完全捜査記録 (宝島社文庫)
 
古畑任三郎 COMPLETE Blu-ray BOX

古畑任三郎 COMPLETE Blu-ray BOX

  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: Blu-ray
 

*1:刑事コロンボ|NHK BSプレミアム BS4K 海外ドラマ

*2:スティーブン・スピルバーグ演出「構想の死角」、特にファーストカットは語り草。

*3:押井守の映像日記 実写映画 オトナの事情」インタビュー。

スタジオKAIと『スーパーカブ』インタビュー 週雑009

このところ、スタジオKAIが素晴らしいインタビュー、座談会をTwitter公式アカウントで上げているのだけど、何故か公式サイトにそのリンクが張られていない*1ので個人的なメモ代わりに。

『スーパーカブ』 藤井俊郎(監督)インタビュー【前編】

『スーパーカブ』 藤井俊郎(監督)インタビュー【後編】

『スーパーカブ』 根元歳三(シリーズ構成・脚本)インタビュー【前編】

『スーパーカブ』 根元歳三(シリーズ構成・脚本)インタビュー【後編】

『スーパーカブ』 今西亨(キャラクターデザイン)インタビュー

『ウマ娘 プリティーダービー Season2』制作秘話座談会

内容でとくに興味深かったのは、藤井俊郎監督が作品の指針に挙げていたという『パターソン』。例えばアダム・ドライバー演じるパターソンの妻であるローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)は自由奔放で奇抜なことを好む女性。どこか『スーパーカブ』の礼子に通じている風でもあり、人物造形にも影響があったのだろうかと考えられなくもないからおもしろい。

さらに関連付けるなら、根元歳三インタビューで登場する『お茶漬けの味』の小津安二郎は『パターソン』のジム・ジャームッシュがリスペクトを捧げている監督のひとりだ。『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の主人公が競馬紙で見つける競走馬の名前(トーキョー・ストーリー)が最も有名なオマージュだと思うが、競馬とジム・ジャームッシュという組み合わせは非常にスタジオKAI的で、偶然とはいえ奇妙な縁を感じてしまう。だからどうしたというレベルのものだけれど、こういう発見の積み重ねで何かが生まれたりするのだ。

これからも専門メディアに負けない良質なインタビューを、ぜひに。

 

パターソン(字幕版)

パターソン(字幕版)

  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: Prime Video
 
スーパーカブ Blu-ray BOX

スーパーカブ Blu-ray BOX

  • 発売日: 2021/08/25
  • メディア: Blu-ray
 

*1:後日、スタジオKAI公式の個別作品ページに追加された。