boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選

年の瀬の恒例企画、今年放送されたTVアニメの中からエピソード単位で10本選ぶ、「話数単位で選ぶ、TVアニメ10選」。参加サイトは新米小僧さんからバトンを受け継いだ「aninado」をチェック!

以下、コメント付きでリストアップ。

■『ねこねこ日本史』 第123話「千年前から萌えを叫ぶ、更級日記!」

f:id:tatsu2:20201203161854p:plain

脚本/平林佐和子 絵コンテ・演出/千野早百合 作画監督/野嵜貴子、Ingen

「平安のハイパー文学少女菅原孝標女の『源氏物語』耽読紀であり、現代風のスマホSNSを活用する平安版「同人女の感情」ともいうべき一篇。晩年、孤独を感じながらも昔のつぶやきを読み返すことで情熱を取り戻し、「物語なしの人生なんて、やっぱ無理!」と叫ぶ場面は千年の時を越えて、“後輩”へ道を示してくれるようであった。 

 

■『イエスタデイをうたって』第6話「ユズハラという女」

f:id:tatsu2:20201223010530p:plain

脚本/田中仁 絵コンテ/田中雄一 演出/藤原佳幸、金成旻 作画監督/藤原奈津子、渥美智也、小林恵祐、久保茉莉子、曾我篤史、松本翔吾、菊永千里、海保仁美、上野沙弥佳、乘富梓

アベレージの高さゆえ話数単位の選考が悩ましいが、個人的にはタバコと家庭料理という相反する属性を持つアンニュイな女・柚原チカが映像化されたこのエピソードを挙げたい。全編生活芝居の説得力が素晴らしく、中でも際立っているのは終盤、原作の構図そのままに物憂げにタバコを吸い、風に髪をなびかせるユズハラのカットに残る味わい。喜多村英梨の饒舌な演技の後に気怠く、過去と「いま」に吹く余情。これぞイエスタデイ。

f:id:tatsu2:20201223010619g:plain

 

■『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』第13話「たったひとつの道しるべ」

f:id:tatsu2:20201223034812p:plain

脚本/小川楓、劇団イヌカレー(泥犬) 絵コンテ/鈴木利正、安食圭、宮本幸裕 演出/宮本幸裕 作画監督/伊藤良明、高野晃久、宮井加奈、船越麻友美、宮嶋仁志、築山翔太、岩本里奈、沼田誠也、松崎嘉克、宮﨑修治

いろはに抱きしめられ、新たな絆を結んだはずのやちよを襲うさらなる悲劇。絶対的な物量で押す巴マミ改めホーリーマミvs美樹さやかのアクションパートは、超回復やティロフィナーレのバリエーションなどファン向け要素を入れつつ、迫力満点の映像に仕上がっている。最終回に相応しい「期待通りのカタストロフィ」がいっそ快い。

 

■『推しが武道館いってくれたら死ぬ』第6話「僕の全てが君だった」

f:id:tatsu2:20201224211940p:plain

脚本/赤尾でこ 絵コンテ/望月智充 演出/加藤峻一 作画監督/村上直紀、森本由布

空音による「れお推し」がピークを迎える、作中の言葉を借りるなら「尊い」お話。噴水と感情を重ねた「武道館」宣言、ふたりきりの路面電車と告白、アニメならではの「推し武道空間」が炸裂。作劇にプラスアルファを与えたフィルムスコアリングの威力も見逃せない。

 

■『22/7』第7話「ハッピー☆ジェット☆コースター」

f:id:tatsu2:20201223015808p:plain

脚本/大西雄仁 絵コンテ・演出/森大貴 作画監督/三井麻未、田川裕子、川村幸祐、木藤貴之、りお、凌空凛、飯野雄大

戸田ジュンの背景・二面性を青空と夕景、光と影によって描いた屈指の「好演出」話数。飛行機雲、フォーチュンクッキー、花といった多彩な仕掛けも機能的。画面設計のセンスがキラリ。

関連:演出メモ/『22/7』7話 絵コンテ・演出/森大貴  

 

■『プリンセスコネクト!Re:Dive』第2話「きまぐれ猫の悪戯〜黄金色のポカポカおにぎり〜」

f:id:tatsu2:20201224190954p:plain

脚本・絵コンテ/金崎貴臣 演出/石川俊介 作画監督/石動仁、池津寿恵、河村涼子、門智昭、二宮奈那子

笑って食べて、思い切り体を動かして、また食べて時にしんみりする。ユーモアと叙情に食欲を加えた金崎ワールドの新境地。孤独なキャルの背中が胸を打つ第2話は、ファンタジーの大定番・竜退治とおにぎりで心をあたためる、“具材”の美味しさが詰まった幕間劇。ぺコリーヌの剣を盗んだイカッチ&チャーリーの改心「おいっす~」ロングはお気に入りカット。コミカルなポーズと夕暮れの街並みを同じ画面に収める感覚が、なんとも金崎監督らしい。

f:id:tatsu2:20201224193218p:plain

 

 ■『波よ聞いてくれ』第12話「あなたに届けたい」 

f:id:tatsu2:20201223163424p:plain

 脚本/米村正二 絵コンテ・演出/南川達馬 作画監督岡崎洋美、粕川みゆき、神谷美也子、髙橋あやこ、徳永竜志、冨吉幸希、久松沙紀、吉田雄一、吉山隆士

原作付きアニメの醍醐味のひとつに「分岐」がある。原作に沿った展開が、どこかで枝分かれして進んでいく未知なる物語への興味。『波よ聞いてくれ』では原作の時計を早めて地震を起こり、あたかもミナレの得意とする「即興」が繰り広げられた。能登麻美子が泣きながらつぶやく「もお……やだ……」、大原さやかの安らぎを与える声質と喋り、そしてミナレ役・杉山里穂のバイタリティ溢れる演技。目と耳で味わう、これがラジオドキュメンタリーの完成形。

関連:『波よ聞いてくれ』12話の信頼とアドリブ

 

■『ゴールデンカムイ』第32話「人斬り」

f:id:tatsu2:20201223191923p:plain

脚本/谷村大四郎 絵コンテ/安藤真裕 演出/鳥羽聡 作画監督/徳田賢朗

「人斬り用一郎」を“無皇刃譚”安藤真裕が切る。心象風景としての京都をオーバーラップさせる画面演出をはじめ、手慣れた殺陣にエトゥピリカと妻の思い出を重ねるドラマの構成、ひりつくような緊張感が堪らない。そして最後はウェットに幕を引く……と思いきや、いつもの様式美的オソマ落ち。ヒンナヒンナ。

 

■『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』第8話「しずく、モノクローム

f:id:tatsu2:20201224220239p:plain

脚本/大内珠帆 絵コンテ・演出/長友孝和 作画監督菅野智之、北島勇樹、チョウハンミンギ、吉山隆士

二人の桜坂しずく、彼女自身が思い描くイメージによる独白であり、舞台上の演劇でもあったという叙述的な構成に驚かされる、“ベストサブタイトル賞2020”。名作古典を下敷きにしつつ、過去シリーズの構図を引用、再演するファンサービスも粋で、随所に見どころ多数。「かすみん」株の上昇、「演劇部部長」の存在感も強い。

 

■『ハイキュー!! TO THE TOP』第24話「バケモンたちの宴」

f:id:tatsu2:20201224182635p:plain

脚本/岸本卓 絵コンテ/笹木信作 演出/鎌倉由実 作画監督/折井一雅、片桐貴悠、向田隆、米川麻衣

思わず息を止めて見入ってしまう圧倒的な臨場感。稲荷崎戦を締め括るラスト一点の攻防は、TVアニメの究極に迫る演出、作画、音響による「バケモンたちの宴」。稲荷崎の横断幕「思い出なんかいらん」のインサートや北信介の瞳の中で終わりを告げるカットなど、原作コマの選択と表現力に脱帽。「ハーケン」でレシーブしたボールをみごとに繋いだ、ハイキュー班の矜持と底力に只々拍手。

f:id:tatsu2:20201224182653p:plain

 

最後まで悩んだのは、『ミュークルドリーミー』*1『映像研には手を出すな!』『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』『魔法科高校の劣等生 来訪者編』*2の4タイトルから選ぼうとしていた話数。いずれも完成度が高く、迷いに迷ったが、ひとまず。作品単位では原作の連載を追っている『魔王城でおやすみ』の安定感に一票。山崎みつえ監督の愛情たっぷりな、かつ洗練された作風は観ていて心地良い。

例年に比べ、中間期がやや薄くなったものの、振り返ってみれば佳作・傑作が揃い、まだまだTVアニメの力を信じられる、信じてみたくなる一年だったと思う。もっともっと、アニメを観よう!

 

アニメーションの基礎知識大百科 増補改訂版

アニメーションの基礎知識大百科 増補改訂版

  • 作者:神村 幸子
  • 発売日: 2020/03/09
  • メディア: 大型本
 

*1:個性的なラインナップにあってひときわ輝く「まいらマイラブ」は入れたかったけれど、内容があまりに胸の奥まで刺さって抜けなかった為、咀嚼できたものを優先。

*2:副監督を務めたジミー・ストーン回+高岡じゅんいち回・第2話のアプローチは覚えておきたい。

アムロとブラと今敏 週雑007

 『機動戦士ガンダム』17話「アムロ脱走」には有名な「ミライの干してあるブラジャーに赤面するアムロ」というシーンがある。先日、久しぶりにその初心なアムロの一面を見て、頭の片隅にふと「吊ったブラ」が印象的なアニメは他にもあったはずだ、なんだったっけと疑問が湧いた。

f:id:tatsu2:20201222011626p:plain

結論を書いてしまうと、それは今敏監督の『パーフェクトブルー』だった。ヒロインの未麻が浴室に下着類を干しているカットがあり、その印象が強かったのだ。当該カットは「パーフェクトブルー戦記」のレイアウト解説回(その7●大王降臨)でも取り上げられており、作品の生活感に寄与する象徴的なカットといえるかもしれない。

f:id:tatsu2:20201222003002p:plain

ところで、「戦記」には意外なほどガンダムネタが多い。

■新外国人助っ人・マック来日(今年はガンダムが来る)

■さぐりあい、腹(めぐりあい宇宙)

今敏監督は高校時代、先にハマっていた先輩に引きずられる格好で「ガンダム」に熱中し、好きになったことをインタビューで明かしている。おそらく繰り返し見ているうちに血肉になっていったのだろう。「戦記」で描かれている苦しい制作スケジュール、戦力のやりくりはまるでホワイトベースの無茶な転戦のようであり、後に演出の松尾衡が『機動戦士Ζガンダム』劇場三部作のスタジオ演出として富野由悠季監督と関わることを思えば、『パーフェクトブルー』と「ガンダム」は奇妙な縁で結ばれている気がするから不思議だ。 

監督のガンダム好きについては、平尾隆之監督のインタビューも詳しい。

 今敏監督をしのんで 平尾隆之監督が今監督に教わったこと

「お前、普通はアムロだろう。お前みたいな若者は、だいたい自分がアムロだと勘違いするんだよ」という苦言は、キネ旬ムック「PLUS MADHOUSE 1 今敏」を併読するとさらに楽しくなること請け合い。「調子に乗った若者」≒「アムロ」の構図があるのだなあ、と。ブラジャーもいいが、映画を観よ、アムロ

プラス マッドハウス 1 今敏 (プラスマッドハウス 1)

プラス マッドハウス 1 今敏 (プラスマッドハウス 1)

  • 作者:今敏
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: 大型本
 

とある吉田玲子のダイアローグ 週雑006

前記事の補足も兼ねて。

水色時代』第43「思い出アルバム4 はじめての友達」の終盤、優子のお隣さんで幼馴染・博士が落ちたブレーカーを上げて、帰った後のダイアローグ。

北野「あたし帰る!」
優子「え?」
北野「帰る!」
優子「北野さん! 北野さん帰らないで」
多可子「あたし盛り付けする」
優子「ご飯できてるから一緒に食べよ!」
北野「いらない!」
優子「北野さん……」
北野「じゃあね」
優子「3人でご飯食べようよ」
北野「2人で食べればいいじゃん」
優子「ダメだよ。3人で食べるつもりで作ったんだから2人で食べたら寂しいよ!」
北野「あたしだって、寂しかったんだから。3人で食べるなら3人で一緒に作ればいいのに優ちゃんと高幡さんだけで……あたしは、なんか邪魔者みたいで。寂しくなっちゃって、これじゃやっぱり友達なんていらない。ずっとひとりだったし、またひとりになってもいいもん」
優子「やだな、それ。北野さんは私の友達。だから私の友達じゃない北野さんは私の知らない北野さんで、いま私の目の前にいる北野さんは私の友達。だから、その北野さんが友達いらないってことは私も寂しくなって……私の友達の北野さんに寂しい思いをさせちゃったことがこうやって自分に返ってきたということは……私は何を言ってるのかな」
北野「優ちゃん、なんだかわかんないよ」
優子「ゴメンね……」
多可子「準備オッケーイ!」
優子「あ、北野さんちょっと目を瞑っててね」
北野「え、うん」
優子「いいよー、目開けて」
北野「うわー」
優子「すごいでしょ」
多可子「ケーキも焼いたんだ。おっともうひとつ。これこれ、えい!」
優子「ただいまからしばらくの間を2月29日、北野深雪さん14歳の誕生日とさせていただきまーす」
多可子「はいはい」
北野「わたしの……?」
優子「北野さん、席ついてロウソクをぷぷぷーっと!」
北野「ふー」
優子「北野さん、お誕生日おめでとう!」
多可子「ハッピーバースデイ!」
北野「あ、ありがとう」
優子「なんのなんの」
北野「お箸もこっち向きに置いてある」
優子「今日は気を使わないで。どっちの手で箸使ってもいいよ」
北野「うん」
多可子「そうそう、そういえば冷蔵庫にあったこれ何?」
北野「あ、それあたしが」
優子「そうだ、北野さんのお土産」
北野「じゃあ、わたしがわける。ありがとう優ちゃん。ありがとう……タカちゃん」
多可子「……うん。あ、でもこれ北野の分は?」
北野「あ、タカちゃんも来るってわたし知らなかったから2個しか買ってこなかったの」
多可子「じゃ、わけよ」
北野「いいよ、あ、でもタカちゃん切るの上手いね」
多可子「えっへん」
優子「私もわける! あ!」
北野「優ちゃん下手!」
多可子「クリーム飛んだよー!」
優子「赤はピーチで緑はヨモギだ、おいし」

「はじめての友達」はアニメ版のオリジナルエピソードであり、脚本・吉田玲子のダイアローグに於けるセンスの一端がうかがえる佳作だ(絵コンテは北野さん担当な節もある桜井弘明)。優子の長セリフの年相応な「わけわかんなさ」や「なんのなんの」とちょっと芝居掛かって切り返すあたりは、『けいおん!』『たまこまーけっと』など、山田尚子監督作品の会話劇を先取りしているよう。

とりわけ吉田節が炸裂しているのは、北野が溜めて「タカちゃん」と呼ぶくだりだ。多可子は強気な性格で似た者同士の北野と衝突を繰り返しており、そのたびに優子が板挟みになっていた。だから、北野が帰ると言い出しても盛り付けをやるからとさっさと引っ込み、素っ気ない態度をとった……ように見せているのがこの脚本の肝。おそらく多可子はここで何か言ったらまた強情な言い争いになって、もつれてしまうと思ったのだろう。北野は優子がきっと引き留める。ならば後はパーティの準備を進めておくことだと。この割り切った性格描写がじつに巧い。そしてパーティが始まり、シュークリームを切り分ける段で北野が恥ずかしさを堪え、勇気を振り絞って呼んだ「タカちゃん」にも「うん」と短い受け答えで済ましている。これはすべて彼女なりの友達への接し方というアンサーを込めた“思春期の行間”なのだ。

起こしてみれば、ごくありふれた中学生の女のコの会話劇。しかしそんな「ありふれたもの」を描くことが、作為を感じさせず、等身大の心情に寄り添う物語を作る難しさがいまなら分かる。とある吉田玲子のダイアローグ、もっと見つめていきたい。

水色時代(1) (フラワーコミックス)

水色時代(1) (フラワーコミックス)

 

吉田玲子の「水色時代」

本打ちは乙女の赤い血問題で揺れていた。

こんな書き出しで始まる文章がある。2000年に刊行された「アニメスタイル」第2号に寄せられた若き日(といってもデビューからそれなりに年数は経っている)のシナリオライター・吉田玲子によるコラム。「自作を語る」というテーマで内容は『水色時代』第5話「すれちがい」についての裏話というか、「脚本打ち合わせ秘話」だ。

アニメのサブタイトルは「すれちがい」となっているが、やぶうち優の同名原作で当てられたタイトルはずばり「初潮」。ちょっとオクテのヒロイン優子が初潮を迎えるという扱いの難しいエピソードで、コラムの中では吉田が呼ばれることになった経緯*1や喧々諤々の打ち合わせの詳細、またそこから学んだことが鮮明に書かれている。それがじつに読ませるのだ。個人的にこのコラムは吉田玲子自身の言葉が綴られているという以上に、現在の作風にいたる考え方、思想がはっきりと読み取れる非常に重要な資料だと思っている。

「すれちがい」の原作とアニメ、とくに脚本に関する部分*2を比べてみると、まずモノローグにもダイアローグにも「初潮」という単語は出てこない。「生理」も何も知らない男子が優子に対し無神経に投げかける言葉としての意図が深められており、中学生の物語ながら男女の決して越えられない溝が描かれている。そして「男子」への不信は(優子の目線で)自分勝手な父親に対しても向けられるのだが、そこで優子をなだめる母親のセリフが重要な意味を持つ。

だってそうでしょ。いつもゴルフやってお酒飲んで、自分だけご機嫌で。

そうねえ。でもお父さんああ見えても、お母さんのこと色々と気を使ったり、心配したりしてくれてるんだから。

え……

違う人間なんだから、わかりあえないこともあって当然でしょ。でも相手を思いやる気持ちさえあればそれでいいと思ってるの。

原作で該当するのは、「わかってもらおうとも思ってないのよ。わかるわけないんだし。お母さんはただお父さんが元気でいてくれて、お父さんのために何かしてあげれば、それで幸せよ」というセリフ。それほど大きく変えているわけではないが、ニュアンスは吉田色に染められていることが分かる。

アニメの脚色で言えば、コスモスの花もおそらく脚本で加えられた彩りだろう。

f:id:tatsu2:20201211003331p:plain

 「乙女の純潔」という花言葉を持つピンクのコスモスの蕾をファーストシーンで見せておき、徐々に花開く様子を優子の心と身体にシンクロさせる。「赤」を画面で見せないのも配慮なら、コスモスに代弁させる心模様も配慮だ。細やかな気配りが利いた脚本と言えるかもしれない。ちなみに「すれちがい」のコンテは変名と思われる「古畑三郎」であり(当時放送されていた『古畑任三郎』に引っ掛けている?)、内容が内容だけに「男子」には気恥ずかしかったのかと想像してしまう。優子同様、演出家も何らかの理由で隠したかったのだろう。

話を戻すと、『水色時代』で吉田玲子は17本脚本を書いている。中でもアニメオリジナル「思い出アルバム」の3本と「タカ子の恋」「笑わない代ばば」「プレゼント」などは近年の代表作、『ガールズ&パンツァー』『たまこラブストーリー』『リズと青い鳥』といった青春作品への補助線として見てもおもしろい。「タカ子の恋」の「京都に転校する男の子を追いかけて、新幹線のプラットフォームで想いを告げる」プロットなんて思わず頬が緩んでしまうこと請け合いだし、「思い出アルバム」の「はじめての友達」には"らしさ"全開の素晴らしい行間*3がある。

 『水色時代』を書かせていただいたことで、良くも悪くも自分の指向みたいなものがはっきりしてきたような気がする。ヒーローよりも端っこで生きている人が、孤高の人よりしがらみに苦しむ人が、目立つ人より埋没しそうな人を描くのが……。人と人の関係を描くことが……。決して完全にはわかりあえないのに好きになったり、お互いにとって良い人でいたいのに憎しみや悪意を抱きあったり、さざ波みたいに動いて、時には渦となって動き出す気持ちを描くのが、好きなんである。
わたしたちは宇宙の始まりも終わりも知らないまま生まれて死んでいく。そういう意味では生きている人はみんな何者かもわからず、みんな曖昧なまま狭間で愚かに生きていて、みんな『水色時代』なのかもしれない。

「自作を語る」で明かされている吉田の述懐は脚本を担当した直近の作品群のテーマにも繋がる、作り手の芯と言えるもの。つまり『水色時代』は吉田玲子なる脚本家が色づき始めた作品なのだ。四半世紀経っても変わらない、水色の気質。その筆致はずっと瑞々しい。

水色時代 DVD-BOX 1

水色時代 DVD-BOX 1

  • 発売日: 2002/03/22
  • メディア: DVD
 

*1:シリーズ構成は武上純希。吉田玲子は各話脚本で参加している。

*2:コンテ以降の工程で諸々のチェックが入っている可能性があるにしても、この話数は脚本に拠るところが大きいと思われる。

*3:「あだ名」で呼ぶというイニシエーションに対する吉田玲子の脚本的回答は必見!