boogyman's memo

アニメーションと余日のメモ欄

『であいもん』のO.Lとアイディアメモ

和菓子と煎茶のいい香りを漂わせながら、人情の機微に触れるドラマ。TVアニメ『であいもん』は色合いも風情も、そして演出も端正で落ち着いた作品だった。派手さはないが心に残る、そんな志向で作られたアニメだったように思うが、あまり見掛けない、工夫を凝らしたO.L(オーバー・ラップ)があったので、少しだけ触れておく。

O.Lはシリーズ中かなり使われているが、挙げておきたいのは第3話「夏宵囃子」終盤の一場面。

和(なごむ)から名前を呼ばれて父親の姿を不意に思い出す一果(いつか)の振り向きにO.Lが指定されている。通常、シーン変わりや時間経過に使われる撮影効果を、振り向きのつなぎに重ねるというアイディア。シンプルだが、F.O+F.I(フェード・アウト/イン)のタイミングが素晴らしく、たいへん印象的な振り向きに仕上がっている。

同じ発想で、かつO.Lを連続させたものが第12話「春暁に鯛」の一果が和とはぐれたと思ってしまうシーンだ。

これも振り向きの最中にO.Lが入り一果のアップ、そして再びO.Lして視線の先に和を見つけるという流れ。第1話冒頭で和を父親だと勘違いして駆け寄った一果のリフレインであり、今度は父親じゃない、和自身を探していた一果というストーリー上の仕掛けだが、O.Lの使い方ひとつでこんなにもドラマチックな演出になるという見本じゃないかと思う。

そもそもO.Lとは消えていく(F.Oしていく)現在の画面に重なって、次の画面が現れてくる(F.I)撮影のこと。『であいもん』と相性が良いのは、それが一果の父親像とまさに"重なって"いるからだ。父親がいなくなり、ポッカリと空いた場所に和が家族として徐々に浮かび上がってくる。その一果の心模様、物語の中心事項とO.Lの効果はベストマッチ。もしかしたら別段、変わったことをしていると言うほどじゃないのかもしれない。しかし、こうした原作の芯を汲み取った演出の心配りは、やはり嬉しいものだ。

『関ヶ原合戦 岐路に立った垂井の武将たち』 週雑012


www.youtube.com

関ヶ原の戦いを舞台にしたアニメーションは数あれど*1、平塚為広と竹中重門を主役に据え、関ヶ原を振り返る作品は初だろう。重門は、あの羽柴秀吉の名参謀・竹中半兵衛の子であり、領地を隣接する垂井城城主が為広だった。関ヶ原合戦の重要な地となった垂井に縁の深い二人の武将の思惑、選択にスポットを当てたアニメというのは、行政のPR事業でないと中々出てこない発想だと思う。

肝心の内容はというと、『英雄たちの選択』を思わせる葛藤劇。動きこそ少ないが、ドキュメンタリータッチで人物の思慮を描こうとする試みは悪くない。「垂井の偉人」である半兵衛が死者の魂という形で登場しているのも、町の英雄を称える意図あってのものだろう。

監督・コンテ・原画・動画・仕上げは青木悠。時代考証には「岐阜関ケ原古戦場記念館」の館長を務める小和田哲男*2がクレジットされており、戦国ファンも安心。また制作を担当したアスラフィルムは企業のCMやPVを多数手掛けているが、同スタジオの前作『印西あるある物語』もかなりぶっ飛んでおり、何でも受け入れる印西市の本気が伺えるPRアニメ界(?)の怪作だ。あわせて楽しみたい。


www.youtube.com

*1:近年でも『ねこねこ日本史』『戦国BASARA Judge End』『学園BASARA』など。

*2:小和田哲男YouTubeチャンネルも見よう!

『機動戦艦ナデシコ』の瞳と演出

機動戦艦ナデシコ』は「瞳」の強いアニメだ。後藤圭二によるキャラクターデザインの力はもちろん、筋を曲げない登場人物の意思を汲むクローズアップ、加えてオープニングに代表される「電子の妖精」ホシノ・ルリの印象的なカット群。それらが「瞳」と密接に結びつき、忘れがたいイメージを残している。

f:id:tatsu2:20220226202527p:plain

作画的には当然の如く後藤作監回が格別で、桜井弘明全開の19話や最終回の瞳描写は感動さえ覚える。一方、演出面で最も記憶に残っているのは、劇場版である『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』の艦長となったルリ初登場カットだ。

f:id:tatsu2:20220227173901g:plain

瞳に入っていく繋ぎはアイズームトランジションと呼ばれることもあり、アニメ・実写問わずよく見かけるが、これは逆パターン。瞳の超クローズアップからカメラを引いていく、いわばアイズームバック風トランジション(アニメではズームという言葉をあまり使わないけれど)でインパクトのある登場を狙ったのだろう。

注目は瞳に流れる宇宙。

f:id:tatsu2:20220227180205p:plain

TVシリーズ第1話、劇場版共に『ナデシコ』は宇宙をファーストカットに選んでいる。ルリのナレーション(モノローグ)で語られているように、「星の数ほど人がいて、星の数ほど出会いがあり、そして別れ」を象徴しているわけだが、ホシノ・ルリの見ているもの、つまり追いかけているものは何かという答えにもなっている。宇宙の感覚でいえば、まばたきするほどの時間で過ぎ去っていく人の営み、出会いと別れを追いかけ続けていく。彼女の瞳に流れる宇宙は、そんな作品のテーマ性を滲ませた宣言のように映ったのだ。

ただし、佐藤竜雄監督はTVシリーズの5話「ルリちゃん『航海日誌』」や25話「『私らしく』自分らしく」で瞳のクローズアップに絡んだ繋ぎを試しているほか、『飛べ!イサミ』後期オープニングでもそれらしいカットを入れている。劇場初監督作である『リカちゃんとヤマネコ 星の旅』にもアイズームトランジションは使われており、カット割りの一テクニックとして身についていたところへ、さらなるテーマを掲げ、表現力を高めたものが「劇場ナデシコのルリ初登場カット」だったのかもしれない。

f:id:tatsu2:20220227183737g:plain

 

『ルパン三世 PART6』大空スバル出演回 週雑011

先日放送された『ルパン三世 PART6』17話 「0.1秒に懸けろ」にホロライブプロダクション所属のバーチャルYouTuber「大空スバル」が出演していた。これは人気VTuberがレギュラー出演する番組「プロジェクトV」内で行われた「ルパン三世の声優権」を争奪するという企画の優勝権利。

f:id:tatsu2:20220206180638p:plain

クレジットにはコスプレイヤーとして載っていたが、実際の出演シーンはごくわずか。オフ台詞で「来たー!」と叫んでいたのがそうだろうと思う。口パクを合わせなくていい配慮が優しさだ。大空スバル回だからというわけではないにしろ、内容も凄かった。特殊な警備システムを掻い潜ってお宝を盗むという王道の筋ながら、熱烈なルパンファンであり、いわゆる「ガチ恋」「ルパン単推し」のゲストキャラクターが登場したからだ。

警備会社「ワンティックセキュリティーズ」の若きCEO、ワン・リンファ。

f:id:tatsu2:20220206220500p:plain

f:id:tatsu2:20220206182116p:plain

彼女が「ルパンでも破れないセキュリテイ」という意味で名付けた「Lシステム」(Love Lupin system)の真価を公表するため、本社タワーで待ち構えるとルパンに逆予告状を出し、挑発されたルパンが対抗手段として複数の電源を同時に落とす策を考案する。ルパン一味総出で訓練にあたるが、衝突を繰り返し……肝となっているのは、「見えない信頼」だ。ジャミングにより連携が崩される寸前に陥るも、長年の付き合いの賜物だろう、絶妙の機微(ワンティック!ワンティック!)で皆が同時に動き、電源を落とすことに成功する。

リンファのいる部屋に辿り着いたルパンは彼女の背中越しに声を掛ける。だがリンファは振り向かない。

f:id:tatsu2:20220206222856p:plain

「アンタは素顔の方がずっといい」と言ってリンファのメガネを外したルパンは、彼女が振り向いたときには既に姿を消している。結局、リンファはルパンを直に見ることはなかった。偶像(ルパン)は偶像のまま、立ち去ったわけだ。

モニター越しの恋は虚構なのか、あるいは現実だったのか――。つまり、一見非常にシュールだが、「バーチャルYouTuber」の偶像性に通ずる、現代的なテーマに踏み込んだ内容だったのだ。ルパンはリンファが心に描く「ルパン像」を裏切ることなく、虚構に還った。「大空スバル」というエッセンスは、そこへ垂らされた一滴の"本物"であり、虚構と現実を巡る奥行きの一端だ。メガネを外すというステレオタイプな行動も、ありのままの「素顔」という台詞を強調したかったからかもしれない(メガネフェチには残念でしかないけれど)。

脚本はハードボイルドの典型とも云える15話「祝福の鐘に響けよ、銃声」を任された金田一明。『体操ザムライ』がそうだったように、シリアスとギャグの振れ幅が大きく、器用にまとめている印象もある。「0.1秒に懸けろ」はキャリアの異色作となるのか、それとも……記念すべき「大空スバル出演回」担当脚本家として要注目(?)。

www.youtube.com